理事長からのメッセージ

 日本法社会学会は,法社会学研究者の研究上の連絡,協力を促進して日本における法社会学の発展をはかり,あわせて研究者の親睦を図ることを目的として,1947年に設立されました.法社会学の専門学会としては,国際的に見て最も長い歴史をもつ組織のひとつですし,我が国の法学系の学会のなかで,最も早い時期に設立されたもののひとつでもあります.

 その一方で,法社会学という学問それ自体は,法解釈学の長い歴史と比較するならば,相対的に若い学問であり,まだまだ発展途上にあります.学会の歴史を紐解くならば,日本法社会学会の設立と,その組織としての発展が,学問としての法社会学の進展を促進する一方で,学問としての法社会学の進展が,組織としての日本法社会学会の一層の発展をもたらすという,学会と学問との相互作用的な進化が,くっきりと浮かび上がってきます.

 そもそも法社会学とは,社会諸科学の理論や方法を意欲的に摂取し,それらを用いて,社会のなかでの現実の法の作動を経験的に解明することを目指す学問です.法社会学という名称は,「法」の「社会学」というイメージを喚起しがちですが,今日の法社会学においては,社会学のみならず,政治学,経済学,心理学,人類学,言語学などの社会諸科学の様々な分野の理論や方法が,社会のなかの法についての理解を深めるために用いられています.

 日本法社会学会の学会としての活動は,学術大会の開催と機関誌『法社会学』の刊行とを,両輪としています.年1回開催される学術大会では,その時々における法社会学にとって重要なテーマを取り上げる全体シンポジウムやミニシンポジウムに加えて,会員が自主的に企画するミニシンポジウムや自由報告のセッションも,多数設けられています.また,年1冊刊行される機関誌には,学術大会の全体シンポジウムや関連ミニシンポジウムでの報告を踏まえた論文に加えて,査読を経て掲載が決定された会員からの自由投稿論文や,法社会学の分野における重要文献の書評等が掲載されています.

 学会としてまた,会員相互間のコミュニケーションを活性化することを目的として,年3回学会報を刊行しています.会員の優れた研究成果を顕彰することを目的として,学会奨励賞や機関誌最優秀論文賞の制度も設けています.さらに,若手研究者の海外で開催される国際学会での報告を支援することにも積極的に取り組んでいます.

 今日の日本の社会には,少子高齢化の進展や社会的排除の亢進等の,法的・政策的対応を必要とする問題が山積しています.様々な領域において否応なしに進展していくグローバリゼーションの負の側面に対処していくことも,喫緊の課題です.それらの課題や問題の内実がどのようなものなのかを精確に把握したうえで,どのような対応が可能であり,かつ望ましいのかを,信頼できる事実的証拠に基づいて提言していくために,法社会学の分野において発展してきた理論や方法を活用していく可能性は,大きなものです.そうした意味で,法社会学は,実践的指向を内在させた学問であり,実定法分野の研究者や,法実務に携わる専門家との,多様な協働の可能性に開かれた学問です.

 法社会学という学問に関心をもつ多くの方々が,日本法社会学会の活動に参加してくださることを期待しています.

日本法社会学会理事長
阿部 昌樹