学会奨励賞

第18回 学会奨励賞

著書部門 佐伯昌彦『犯罪被害者の司法参加と量刑』東京大学出版会
論文部門 郭薇「法と情報空間(1)~(5・完):近代日本における法情報の構築と変容」『北大法学論集』66巻2号~67巻1号
対象年 2016年1月〜12月

第4回 機関誌最優秀論文賞

受賞論文 森大輔「裁判にかかる費用や時間についての認識と裁判利用行動意図との関係:構造方程式モデリングによる分析」81号
対象年 2015年1月〜2016年12月

過去の受賞作品

学会奨励賞

第17回

著書部門 高野さやか『ポスト・スハルト期インドネシアの法と社会―裁くことと裁かないことの民族誌』三元社
論文部門 該当なし
対象年 2015年1月〜12月

第16回

著書部門 松原英世『刑事制度の周縁:刑事制度のあり方を探る』成文堂
論文部門 該当なし
対象年 2014年1月〜12月

第15回

著書部門 吉岡すずか『法的支援ネットワーク:地域滞在型調査による考察』信山社
論文部門 該当なし
対象年 2013年1月〜12月

第14回

著書部門 見平典『違憲審査制をめぐるポリティクス:現代アメリカ連邦最高裁判所の積極化の背景』成文堂
論文部門 該当なし
対象年 2012年1月〜12月

第13回

著書部門 該当なし
論文部門 該当なし
対象年 2011年1月〜12月

第12回

著書部門 該当なし
論文部門 山田恵子「リアリティとしての法と心理:法律相談を素材として」『神戸法学年報』25号,37~132ページ
対象年 2010年1月〜12月

第11回

著書部門 常松淳『責任と社会:不法行為責任の意味をめぐる争い』勁草書房、平田 彩子『行政法の実施過程:環境規制の動態と理論』木鐸社
論文部門 該当なし
対象年 2009年1月〜12月

第10回

著書部門 該当なし
論文部門 該当なし
対象年 2008年1月〜12月

第9回

著書部門 高村学人『アソシアシオンへの自由:<共和国>の論理』勁草書房
論文部門 小佐井良太「飲酒にまつわる事故と責任:ある訴訟事例を通してみた死別の悲しみと法(一)〜(三・完)」『九大法学』88号468~310ページ,93号312~226ページ,94号350~307ページ
対象年 2007年1月〜12月

第8回

著書部門 該当なし
論文部門 該当なし
対象年 2006年1月〜12月

第7回

著書部門 長谷川貴陽史『都市コミュニティと法:建築協定・地区計画による公共空間の形成』東京大学出版会
論文部門 吾妻聡「二つの逸脱主義的運動」『法社会学』63 号186~216ページ
対象年 2005年1月〜12月

第6回

著書部門 河合幹雄『安全神話崩壊のパラドックス:治安の法社会学』岩波書店
論文部門 該当なし
対象年 2004年1月〜12月

第5回

著書部門 該当なし
論文部門 久保秀雄「近代法のフロンティアにおける『文化的他者』についての知:ポストコロニアル批判の法社会学」『法学論叢』153巻4号92~114ページ、153巻5号101~123ページ
対象年 2003年1月〜12月


第4回

著書部門 阿部昌樹『ローカルな法秩序:法と交錯する共同性』勁草書房
論文部門 福井康太『法理論のルーマン』勁草書房
対象年 2002年1月〜12月

第3回

著書部門 該当なし
論文部門 船越資晶「効率的契約違反論あるいは市場構築の企投的言説:契約法解釈方法論における物語論的転回のための序章」棚瀬孝雄編『法の言説分析』ミネルヴァ書房133~159ページ
対象年 2001年1月〜12月

第2回

著書部門 太田勝造『法律:社会科学の理論とモデル』東京大学出版会
論文部門 仁木恒夫「訴訟当事者の訴訟外活動:電気工事による失火責任をめぐる紛争事例を素材に」『立教法学』54号242~270ページ,「少額訴訟の審理における対話の活性化:ある解雇予告手当紛争を素材として」『法社会学』53号180~194ページ
対象年 2000年1月〜12月

第1回

著書部門 季衛東『超近代の法:中国法秩序の深層構造』ミネルヴァ書房
論文部門 高村学人「ナポレオン期における中間団体政策の変容:『ポリスの法制度』の視点から」『社會科學研究』50巻6号101~127ページ
対象年 1999年1月〜12月

機関誌優秀論文賞

第3回

受賞論文 小宮友根「裁判員は何者として意見を述べるか:評議における参加者のアイデンティティと『国民の健全な常識』」79号63~84ページ
秋葉丈志「国籍法違憲判決と政策形成型訴訟」80号243~276ページ
対象年 2013年1月〜2014年12月

第2回

受賞論文 廣川祐司「『法』を『学習』する地域住民によるコモンズの制度設計:静岡県伊東市池区において形成された在地の『法』技術」75号141~156ページ
対象年 2011年1月〜2012年12月

第1回

受賞論文 土田久美子「過去の不正義に対する法的救済の意義と限界:在米日系ペルー人による補償請求運動を事例として」72号224~249ページ
対象年 2009年1月〜2010年12月